浮気・不倫をした

浮気・不倫をした事による慰謝料請求の例をご紹介します。

事例1:夫の不貞が発覚(加藤さん(仮)の場合)

私は、夫が会社の部下の女性と不貞行為をしていることがわかりました。

しかも、私が妊娠中、つわりなどで苦しんでいる時に、夫がその女性と不倫をし始めていることが発覚しました。

彼女の夫に対する信頼は、全くなくなり、出産しても、2人が住んでいたアパートには戻らず、実家で別居しています。

そんな時、北村明美弁護士に相談をしました。

私は短気で、すぐにでも離婚したいと述べたのですが、そんなに慌てて離婚しないほうがいいと諭されました。

夫は厚かましく、離婚離婚と、離婚請求をしてきます。

しかもたった250万円払うとしか、言ってきませんでした。

北村明美弁護士は、「相手は不貞行為をした有責配偶者だから、離婚請求をしても、まだ0才の子供がいるので、そう簡単に離婚は認められませんよ。納得のいく慰謝料を支払ってもらえるまでは、離婚せず、粘ってみましょう。その間、生活費(婚姻費用)ももらえるから、焦らないで下さいね。」と言いました。

私は、なるほどと納得しました。

また、すぐ再婚したい人もいないので、離婚を焦らなくてもいいんだとも思いました。

しかし夫は、なかなか慰謝料を上げてきませんでした。

愛人にも、既に慰謝料請求をし、

まず愛人から3ケタの、それなりの慰謝料をもらいました。

夫からは、だいぶん経ってから250万円が300万円と言ってきても、首を縦に振りませんでした。

その間、夫からは毎月10万円の婚姻費用を払ってもらいました。

夫は10万円の婚姻費用を支払うのが、惜しくなったのだと思います。

ようやく、私の納得のいく数字を出してきました。

そこで、解決することにしたのです。

きちんと戦って、新しい人生のための軍資金を手に入れたので、明るい気持ちで娘と一緒に生きていけます。

 

事例2:スポーツスターの慰謝料請求

ゴルファーの片山晋呉選手が、不貞をしたことがバレ、妻から5億円の慰謝料を請求されましたが、 5億円もの慰謝料を得ることは可能かが話題になりました。

5億円というのは財産分与を含めてのものだと思います。 不貞の慰謝料の裁判所の相場は、極めて低く、通常数百万です。

なお、こういうスターの方ではなく一般の人でも慰謝料だけで3000万円も裁判所で認められたケースもあります。

それは、裁判になる前話合いをしている時に、夫が、離婚する場合は3000万円の慰謝料を払ってやると言ったことを書面にとっていたケースでした。

 

事例3:芸能人の慰謝料請求

沢田研二さんが伊藤エミさんに支払った慰謝料は、約18億円と言われている。自宅、テニスコート、別荘も含むので、慰謝料と財産分与を合わせて18億円ということだと思う。

1987年1月に離婚成立しているので、日本のバブルまっ盛りの時に、18億円だった。

2012年6月15日、ザ・ピーナッツの妹伊藤エミさんが亡くなった。

かわいくて、双子の姉妹のハモりも良く、愛される大スターだった。

1975年、全盛期に芸能界を引退。

2ヶ月後、沢田研二(グループサウンズ ザ・タイガーズのジュリー)と結婚し、1979年、男の子をもうけた。

1982年、沢田研二が女優田中裕子と「男はつらいよ」で共演し、フォール・イン・ラブ。

略奪愛と騒がれた。

沢田研二は、不倫関係を認める発言をする。

田中裕子は、当時NHKの「おしん」で主演し、必ず彼と一緒になると発言。

1983年から沢田研二が家を出て別居。

1987年1月に離婚。

 

*まとめ*

不貞(不倫)の慰謝料は、せいぜい、数百万円で安いものだということが、ちまたでは言われている。

しかし、ケースによっては、1000万円以上もらえることもある。

相手方の財力や、相手方の事情によって、慰謝料の額は大きく変わってくるのです。