配偶者控除 上限150万~201万円、パート主婦減税拡大へ

~弁護士北村明美(愛知県名古屋市)の離婚相談ブログ~

 政府・与党は2016年11月23日、パート主婦世帯向けの所得税の配偶者控除の対象を「年収103万円以下」から「年収150万円以下」に拡大する方向で、最終調整に入った。

年収103万円超えに適用している配偶者特別控除を見直し、妻の年収が150万円までは配偶者控除と同様に、夫(世帯主)の給与所得から38万円を控除して所得税額を減らせるようにする。

しかし、控除が急になくなれば、年収150万円の前後で世帯の手取り額が逆転するため、150万円を超えても控除額が38万円から徐々に減り、年収201万円で適用外となるように、段階的に縮小する検討に入った。

2018年1月にも実施する方針。働き方改革の一環としてパート主婦が年収103万円を超えても働きやすくし、女性の就労を促す。

また、財源を確保するために夫の年収にどのような制限を設けるかが、今後の焦点となる。

引用:日本経済新聞 2016年11月24日

 

◆弁護士 北村明美の感想◆

前は、配偶者控除そのものを失くするという話だったのに、配偶者控除をさらに広げるということになっていますね。

そろそろ選挙が近いのかな!!

選挙が近くなると、アメをばら撒くものなんですよ。

選挙が終わると、ムチが来ます。

ご用心!

 

******

離婚を考えたら

①慰謝料
②財産分与
③子供の親権者
④養育費
⑤離婚が成り立つまでの生活費(婚姻費用)

など、大切な問題がありますので、できる限り早くご相談ください。

◆◆北村法律事務所◆◆

愛知県名古屋市西区幅下一丁目1番29号 名古屋堀川ビル3階

電話番号052-541-8111

北村法律事務所公式ホームページ→ kita-law.jp

離婚問題・男女問題に強い弁護士北村明美まで、ぜひご連絡下さい。