不倫した夫が、養育費を払わないと言ってきます。(三重県Hさん)

~弁護士北村明美(愛知県名古屋市)の離婚相談ブログ~

(三重県鈴鹿市K.Hさんより)

Q.昨日のブログを読みました。

私の夫も不倫をしたので、幻滅した私は、子供を連れて実家に戻りました。

夫は、「自分も親が離婚したが、母親は父親から1円の養育費ももらわず、女手一つで育ててきたのだから、俺も養育費は払いたくない。」と言ってきました。

そんなことは、通るのでしょうか。

 

A.「自分のお母さんが女1人で育ててくれたから、自分も養育費は支払わない」等というのは、言語道断です。

時代も違います。

養育費というのは、実の親が実の未成年の子供を扶養する義務があるから、養育費支払い義務があるのです。

その扶養義務というのは、1個のパンしかなければ、分け合ってでも子供にあげなければいけないほどの、強い義務です。

(年老いた親を扶養する義務は、自分が腹8分食べて、残ったら、それをあげるという扶養義務ですが、未成年の子供を扶養する義務は、とても強い義務なのです。)

この場合も、昨日のIさんと同じように、夫と妻の収入から割り出す、簡易迅速な養育費等の算定を目指して裁判所が作った算定表を基準にして養育費を決めましょう。

 

******

離婚を考えたら

①慰謝料
②財産分与
③子供の親権者
④養育費
⑤離婚が成り立つまでの生活費(婚姻費用)

など、大切な問題がありますので、できる限り早くご相談ください。

◆◆北村法律事務所◆◆

愛知県名古屋市西区幅下一丁目1番29号 名古屋堀川ビル3階

電話番号052-541-8111

北村法律事務所公式ホームページ→ kita-law.jp

離婚問題・男女問題に強い弁護士北村明美まで、ぜひご連絡下さい。