母亡あとに父と付き合った女性が、父の通帳や印鑑を返してくれません①(愛知県Kさん)

~弁護士北村明美(愛知県名古屋市)の離婚相談ブログ~

(愛知県名古屋市A.Kさんより)

Q.母は、15年前に亡くなり、父が1人残りました。

ところが、5年くらいして、父に言い寄る女性ができてしまい、父は、その女性と一緒に暮らすようになってしまいました。

去年の3月、「お父さんがボケてしまった。病院へ行ってと言っても、行ってくれないので、息子であるあなたが連れて行って下さい。」という電話がその女性からありました。

父に会いに、アパートへ行っていみると、父は、物忘れがひどくなっており、風呂にも入っていないような姿で、爪も真っ黒でした。

病院に連れて行ったら、アルツハイマー病の疑いがあると言われました。

あの女性は、世話をするつもりがないようなので、子供である私と妹で、父を世話することになりました。

その女性は、その事を了解しましたが、「10年間私が面倒をみてきたんだから、それなりのものをもらわないと。」と述べて、父の預金通帳もキャッシュカードも印鑑も渡してくれません。

どうしたらいいでしょうか。

 

A.嫌な感じですね。

認知症になったら世話をしなくなり、お金だけを要求するなんて、人間としてどうかと思います。

預金通帳ですが、銀行と支店名がわかっていれば、お父さんを連れて銀行へ行き、紛失届を出して、通帳とキャッシュカードを再発行してもらって下さい。

そうすれば、その女性は、お父さんの通帳から払い戻すことはできなくなります。

また、お父さんがその女性との内縁関係を解消するにあたって、今持っている預金の半分を渡さなければいけないかは、明日お話しします。

あなた方のお母さんの生命保険金までその女性に使われてしまい、お母さんは草葉の陰で泣いておられると思います。

きっとお母さんは、夫より先に死ぬんじゃなかったと後悔しておられると思うのですが・・・

 

******

離婚を考えたら

①慰謝料
②財産分与
③子供の親権者
④養育費
⑤離婚が成り立つまでの生活費(婚姻費用)

など、大切な問題がありますので、できる限り早くご相談ください。

◆◆北村法律事務所◆◆

愛知県名古屋市西区幅下一丁目1番29号 名古屋堀川ビル3階

電話番号052-541-8111

北村法律事務所公式ホームページ→ kita-law.jp

離婚問題・男女問題に強い弁護士北村明美まで、ぜひご連絡下さい。