不倫した夫と離婚します。今後について話合う時、何を決めればいいですか(愛知県Tさん)

~弁護士北村明美(愛知県名古屋市)の離婚相談ブログ~

(愛知県春日井市Y.Tさんより)

Q.私は35才で、子供が2人あります。

13年前に結婚した夫が、22才の女と不倫をしていることがわかりました。

その23才の女には、夫があります。

結局、私達夫婦は、不倫が判明した後、話合って、離婚するということになりました。

私の父が、ずいぶん心配してくれて、夫を呼び出し、今後のことについて話をすると言ってくれました。

どんなことを決めておけばいいでしょうか。

 

A.不倫がわかってまだ2週間なんですね。

「鉄は熱いうちに打て」ということわざの通り、ホットな時であれば、あなたの要求が通ることがあります。

 

決めなければいけないのは、

1.子供の親権者をどちらにするか。

→これは、あなたですね。

2.養育費を1ヶ月いくら払ってもらいたいか。

→家庭裁判所で使っている「簡易表」だと、2人で6万円にしかならないけれど、少なくとも10万円払ってほしかったら、まず、10万円とぶつけてみましょう。

3.慰謝料は、いくらほしいですか。

→不倫の相手の女性は、22才と若く、少女Aのような人だとのことなので、夫は、相手の女性に請求しないでほしいと言っているんですね。

そうすると、夫に対して、夫の分だけではなく、女性の分も加えて、慰謝料を請求しましょう。

4.財産分与は、どうなりますか。

→これは公にできないので、また内緒で、相談を承ります。

 

このような話し合いをして、承諾をする部分があれば、その部分だけでも、書面をとって下さい。

新しい人生を踏み出すために、養育費は高い方がいいし、慰謝料も高い方がいいです。

夫と子供との面会交流については、またの機会にお話しします。

 

******

離婚を考えたら

①慰謝料
②財産分与
③子供の親権者
④養育費
⑤離婚が成り立つまでの生活費(婚姻費用)

など、大切な問題がありますので、できる限り早くご相談ください。

◆◆北村法律事務所◆◆

愛知県名古屋市西区幅下一丁目1番29号 名古屋堀川ビル3階

電話番号052-541-8111

北村法律事務所公式ホームページ→ kita-law.jp

離婚問題・男女問題に強い弁護士北村明美まで、ぜひご連絡下さい。