父が離婚裁判中に死去しました。相続人は、誰になりますか。(三重県Iさん)

~弁護士北村明美(愛知・名古屋)の離婚相談ブログ~

(三重県津市N.Iさん)

Q.母は、父が3回も不倫をし(不倫の相手は毎回違う女です)、どうしても不倫をやめてくれないので、離婚を決意し、調停を申立てました。

調停では、離婚は双方合意したのですが、財産分与のところで父がケチをして、離婚訴訟になりました。

ところが、父は、離婚裁判中に、天罰が下ったのか、心筋梗塞であっけなく死んでしまったのです。

父は、多くの財産を持っています。

父の相続人は、誰になりますか。

 

A.亡くなったお父さんの相続人は、

・今だ離婚が成立していない、妻であるお母さん

・子供ら

になります。

離婚請求訴訟をやっていたお母さんが、相続人になるのは、なんとなく不思議ですが、離婚が成立していない以上、法定相続人です。

このケースは、離婚が成立していないことが幸いになったケースです。

離婚が成立してしまっていれば、3人目の不倫相手が後妻になろうとしていたのです。

 

******

離婚を考えたら

①慰謝料
②財産分与
③子供の親権者
④養育費
⑤離婚が成り立つまでの生活費(婚姻費用)

など、大切な問題がありますので、できる限り早くご相談ください。

◆◆北村法律事務所◆◆

愛知県名古屋市西区幅下一丁目1番29号 名古屋堀川ビル3階

電話番号052-541-8111

北村法律事務所公式ホームページ→ kita-law.jp

離婚問題・男女問題に強い弁護士北村明美まで、ぜひご連絡下さい。